消極的な方法

| トラックバック(0)

通常のはじめたばかりの人向けのFXの本では「損失が生じた場合はナンピンをして、ポジションのコストを低くする」と書かれているがそれは引っ掛けがあります。

 

最初に、ナンピン買いの方法に関して手短に述べておきます。

 

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。

 

$買いですからドル高に動くほど利益を得られますが、1ドル95円まで円高ドル安に推移したとします。

 

そのままの場合ポジションを持ち続けたら、利益がでるためには、5円分、ドル高が進まなければならない。

 

皆さん、マイナスは可能な限り早く戻したいと思うでしょう。

 

この状況を打破するためはじめに売り買いしたのと同じ分のドルを1ドル95円で取引します。

 

それによって、ポジションの平均の単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

要するに、2円50銭の幅で円安ドル高が進めばマイナスを失くすことが出来ます。

 

こういったことがナンピン買いのロジックだ。

 

このとおり、ナンピン買いの仕組みを知ると「まちがいない」と考えるが為替相場はそう易々と思った通りにはなりません。

 

もとより、1ドル=95円より下がらないとはなんびとも予想できません。

 

もし、為替が円高動向だとしたら1ドル=95円では下げ止まることなく、さらに円高ドル安にいく危険性がある。

 

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをした時に、1ドル=95円まで円高が速んだら、ナンピン買いした分についても、損失が生まれることになってしまいます。

 

その状況では、一番初めに注文したドルと全部で、更なる差損が生じる事になります。

 

例示したとおり、ナンピンは難解です。

 

では、市場が自身の脚本とは逆向きに素早く向う場合どういう手段でリスクを軽減すればいいのだろうか。

 

こういう状態で取れる対策は2つ。

 

まずはじめは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。

 

もうひとりは今、保持している買いポジションを縮小することによって、改めて外国為替市場が戻るのを待つことだ。

 

相当消極的な方法だと感じる方もいるkもしれません。

 

だけど、自分の持っている買いポジションに損失が生まれた時一番効果のある対策はこの2つ以外にはあるはずがありません。

 

無論、机上では、ナンピンする手段もあるように思える。

 

しかしナンピンは、自分が損をしている場面でポジションを整理するどころか、反対に買いポジションを増やしていく手法です。

 

この方法では、危険性を回避することなど到底無理だと思うべきです。

 

ナンピンをし続ければその内儲けが出るかもしれません。

 

けれども、それより前に資金がマイナスになってしまいます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、azが2015年1月16日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フラッシュモブの動画集」です。

次のブログ記事は「結婚式の余興のアイデア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28